社員紹介

課題解決の上、
課題発見ができる場所。

エンジニア
鈴木 篤史 Suzuki Atsushi

開発育成部 育成1G Gリーダー/ 2017年新卒入社
早稲田大学 商学部 卒

課題発見のためのコミュニケーションを磨く。

課題解決という言葉がありますが、私は課題自体を発見する人になりたい。あたらしい価値を生み出す、あたらしい課題を見つける人になりたい。就活中そう考えていました。そのために、まずはクライアントと直接話せる会社を探していました。コンサルという道も考えていましたが、コンサルは課題解決の人なのでちょっとちがう。情報戦略テクノロジーのエンジニアならそれが叶いそうだと感じ入社しました。

もう一つ、入社の決め手になったのは取締役・近藤との出会いです。文系出身でITについて何も知らない私に、わかるまでかみ砕いて説明してくれました。すごいのは、私がわからない箇所を、なぜその箇所がわからないのか、つまり課題をコミュニケーションしながらあぶりだしてくれ、その上でわかるように説明してくれるところ。一方的に押し付けられるコミュニケーションではなく、まさに課題を掘り起こすコミュニケーションのお手本のような人でした。

大手クライアントと直で仕事している人たちということもあってか、情報戦略テクノロジー社員は、話すと聴くのバランスの考えながら双方向コミュニケーションに気を付けている方が多く勉強になります。

経験値ゼロでもプレゼンできれば、
最先端技術のシステムを開発できる。

エンジニアなら技術力がすべてだろう、と考える方も多いと思いますが、コミュニケーションスキルは非常に重要です。コミュニケーションスキルのあるなしで、どんな成長を手に入れられるかガラッと変わってしまうためです。私が新卒で、まだ経験も浅い内から最先端技術を使ったスマートスピーカーのアプリ開発に参加できたのはコミュニケーションスキルの賜物でした。

情報戦略テクノロジーには、プレゼントレーニングプログラムがあります。一般的なエンジニアの多くは自分が使える技術について話す人が多いのですが、実はそれだけでは伝わらず、その技術を使ってクライアントにどんなメリットを提供できるのかなどわかりやすく話せる必要があります。どうプレゼンすべきか、シナリオ作成から話し方まで徹底的に鍛え上げてもらえるからこそ情報戦略テクノロジーの大手クライアントの仕事に就くことができるのです。

ちなみにスマートスピーカーのアプリ開発は、とにかく楽しい経験でした。スマートスピーカーで、グルメサイトを検索できるシステムを構築したのですが、使う技術は非常にニッチで周りに経験者はいませんでした。「一度に検索する店舗数は、何軒が妥当なのか」、「ユーザーが最も使いやすい仕様はどんなものか」などチーム全員で手探り、まさに課題を探しながら進めていく仕事で本当に楽しかったです。と同時に、開発に必要なのは技術力以上にコミュニケーションスキルだという実感を更に強めるきっかけになりました。

課題発見力を持つエンジニア。市場価値は絶対高いはず。

「NEWTYPE」という本が話題になっていましたが、まさに「これからは課題解決ではなく課題発見の時代」ということが書かれていました。もちろん、言うは易しで、お客様が抱える本来の課題を見つけ出すことはとても難しいと日々感じています。最近分かってきたのは自分の仮説をぶつける前に、クライアントと密に会話をして、お互いが納得できるポイントを探ることの重要性。すると段々、課題の本質が見えてくる場合が多い。解決すべき課題が見つかり、クライアントの悩みを一気に解消することができたときは本当に嬉しいですね。

今はまだプロジェクトの一員という立場が多いのですが、ゆくゆくはプロジェクトリーダーとして、さまざまなお客様のプロジェクトに参画したいと考えています。技術はあくまでも手段と捉え、コミュニケーションを武器に、クライアントのIT投資効果最大化に貢献したいと思います。

情報戦略テクノロジー

© Information Strategy and Technology All Rights Reserved.