社員紹介

person05_photo_lg.jpg

本当にクライアントのために、
を追求できる場所。

人事
谷川 友佳子 Tanikawa Yukako

人事部 新卒採用課 主任 / 2017年中途入社
慶應義塾大学 法学部 卒
明治大学大学院 法学研究科 卒

大手企業お抱えの弁護士事務所から、

情報戦略テクノロジーへ。

修士号を取得した後、弁護士事務所で代表弁護士の秘書業務などを担当していました。顧問先は日本を代表するような大手企業ばかり。所属弁護士も本当に優秀な方が多く、ハイレベルな環境に身を置いたことで多くの知識やスキルが身に付いたと思います。ですが、ふと10年後、20年後の未来を想像したときに「本当にこのままでいいのか」という疑問が湧いてきたのです。

社会のあらゆる分野でIT化が進む今、どんな業態であってもビジネスを広げていく上でITの活用は欠かせません。法律の世界しか知らなかった私にとっては未知の領域でしたが、10年後、20年後も成長をつづけていくためにはIT業界にチャレンジすべきだと感じました。自身のキャリアについて事務所のパートナー弁護士に相談したところ、紹介していただいたのが情報戦略テクノロジーだったのです。

person05_subPhoto_lg.jpg

ズバ抜けていたのは、倫理観。

紹介いただいた情報戦略テクノロジー以外にもさまざまなIT企業を受けましたが、違和感がありました。「本当にクライアントが求めているものを提供できているのだろうか」と。法律の世界では「すべてはクライアントのために」という倫理観が徹底されています。クライアントとの信頼関係が何より重要な弁護士の世界では、クライアントに対する誠実・丁寧な対応を徹底しているからです。私はその倫理観を徹底して叩きこまれていたからこそ、情報戦略テクノロジーの存在が際立って見えたのだと思います。

特に感じたのは情報戦略テクノロジーの理念『顧客満足の最大化とゴーイングコンサーンは何にも勝る大前提』。経営理念とは会社の憲法のようなもの。そこに『顧客満足の最大化』という言葉を掲げている会社なら、クライアントにとってのベストを追求できるのではないか。その感覚は間違っていませんでした。志とスキル、両面が高い社員がお客様の課題解決に真剣に向き合っている。前職にも負けないくらいハイレベルな環境がここにはありました。

IT業界における倫理観の軸となるような、
プロフェッショナルファームにする。

私は営業でもエンジニアでもなく、人事です。私自身がクライアントと直接関わるわけではない分、クライアント企業と誠実に向き合える人、相手のことを考え、時に意見提案を述べていく気概のある人を見極め、採用していくことで社の理念実現をサポートしています。

そのために気を付けているのが、採用面接において「ぜひ弊社に入ってください」と言わないようにすること。学生一人ひとりと対等に向き合いながら、その学生にとってのベストな選択を模索するよう心がけています。結果、その学生が他の企業を選ぶことになったとしてもです。クライアントと弊社が対等で誠実なお付き合いをするためには、弊社と社員もまた対等で誠実な関係性であることが必要だからです。

理念に共感する人を採用し続け、顧客満足の最大化に挑む人を一人でも多く育てる。私の当面の目標は、情報戦略テクノロジーを、前職の法律事務所に負けないくらいのプロフェッショナルファームにしていくことです。